難病の母 x IT で遠距離介護

一人暮らしで神経難病を患っている母(現在要介護2、身体障害3級)が少しでも快適に暮らせるよう、ITなどを使って支援しています。

手の変形でハサミがうまく使えない

f:id:sun_kai5:20200131203049j:plain

こんにちは。sunです。

一人暮らしの母は、難病(脊髄小脳変性症)とリウマチを患っています。最近リウマチのせい?で手が変形してきてしまっていて、うまくハサミが使えず困っています。今日はハサミについてです。

うまくできないことが沢山

母は病気になってから、うまくできなくなってしまったことがたくさんあります。例えば、製品のパッケージを開けるとか。両手で横に引っ張って開けるタイプは基本的に開けられません。ベーコンやハムなどの剥がすタイプも厳しい。袋麺とかについているかやくとかの縦に開けるタイプもうまく開けられない。と、とにかく不便。

手の変形でハサミが…

でも、ハサミを使うことで、それなりになんとかなっていました。でも、最近手が変形してきてしまって…。普通のハサミはうまく使えなくなってきてしまったそうで。。

先日も母と電話で話したら、ちょっと指切っちゃったんだよね、なんて笑って言ってたけど、、めっちゃ痛いじゃんか!早くなんとかしなきゃと思いました。

みんなのハサミ mimi

ネットで色々と調べていたら「みんなのはさみ mimi」というものを見つけました。高齢者・障がい者向けのハサミらしいです。上から押さえても、手にかけても、普通のはさみみたいにして使うこともできるのだとか。手の力の弱い人でもOK。

▼こんな形です

とても興味あるのですが、値段が3,000円と高い!買う前に試せたらいいのにって思います。どなたか実際に利用されている方がいたら、使い心地を教えていただきたいです。

ちなみに、違うメーカーでこういうカスタネットみたいなハサミも見つけました。 「長谷川刃物 Casta

介護グッズとかの使い心地とかについてまとめてあるサイトとかあれば嬉しいのになぁって最近ちょっと思ったり。とりあえず、購入したものとかは随時このブログにコメント載せていく予定です。

今日のおまけ

あっという間に1月が終わってしまいましたね…。ちなみに、1月31日は「愛妻家の日」らしいです。日本愛妻家協会が制定らしいんですが、そんな協会があったとは!世の中いろんな協会があるもんですね。

それでは、また!