難病の母 x IT で遠距離介護

一人暮らしで神経難病を患っている母(現在要介護2、身体障害3級)が少しでも快適に暮らせるよう、ITなどを使って支援しています。

救急医療情報キットってご存知ですか?

f:id:sun_kai5:20200214171104j:plain

こんにちは、sunです。

神経難病を患っている一人暮らしの母が少しでも快適に暮らせるよう、色々と支援しています。今日は、緊急時に役立つ「救急医療情報キット」についてです。肺炎で長期入院したことがきかっけで、母の自宅に導入したものです。

救急医療情報キットとは?

救急医療情報キットとは、かかりつけの医療機関や緊急時の連絡先などの情報をまとめて専用の容器に入れて、家庭の冷蔵庫に保管しておくことで、病気やケガなどで救急隊員が駆けつけた際、本人の情報を素早く把握し、迅速な救急搬送に役立てるものです。

市町村によって名前がちょっと違う場合もありますが、「救急医療情報キット + お住まいの市町村名」で検索すれば出てきますよ!

救急医療情報キットの対象者

これまた市町村によって対象者の基準は微妙に違うようなのですが、多くの自治体では、以下のような方がいる世帯が対象になっています。

  • 65歳以上の方
  • 障害のある方
  • 難病や持病のある方
  • 健康上の不安を抱えている方

無料で配布されています。一人暮らしの親がいる場合はもちろん、同居の場合でもOKのようです。また、もしご自身が持病などをお持ちの場合は準備しておいて損は無いのでは?

救急医療情報キットの内容

救急医療情報キットには筒状の専用容器、緊急情報シート、救急医療マークシール2枚がついてきます。筒状の専用容器の中には、以下のものを入れます。

  • 最新の情報が記入されている緊急情報シート
  • 写真付きの本人確認書類のコピー
  • 健康保険証のコピー
  • 主な診察券のコピー
  • お薬情報など

緊急情報シートには、名前、住所、生年月日、緊急連絡先、かかりつけ医療機関、病名、いつも飲んでいる薬の名前、アレルギーなどを記入しておきます。

救急医療情報キットの保管場所

準備した筒状の専用容器は、冷蔵庫の中に保管します。また、救急医療マークのシールは、1枚は冷蔵庫に、1枚は玄関の内側に貼っておきます。

これで、救急隊の方が玄関と冷蔵庫に貼ってあるシールを確認し、迷うことなく冷蔵庫の中に保管してある本人に関する情報をゲットして、適切な処置や対応ができます。

一人暮らしの母の自宅に導入したきっかけ

数年前のことです。難病を患っている一人暮らしの母が、肺炎で倒れて、救急車で運ばれました。実はその時、搬送された病院は母が神経難病でかかっている病院。そこには一応内科もあったため、とりあえずいつもの病院ってことで搬送されたらしいんです。

でも、ただの内科だったため、なかなか肺炎の原因が明確にならず、治療方法も無駄にいろいろと試した印象。最初の数週間は本当に回復の目処が立たず、どうなることやらって感じでした。結局1ヶ月も入院する羽目になりました。

もし、搬送されたのが近く別の病院、呼吸器内科がちゃんとあるような病院だったら、すぐに原因が特定されていたはずで、適切な治療がされて、こんなにも肺炎が長引かなかったはずです。(退院後他の病院の呼吸器内科を受診するよう言われ、行ってみた所、肺炎が悪化した原因はリウマチの病気で飲んでいた薬にあることがすぐわかりました)。

もしも、また救急搬送するようなことがあった場合に備えて、この救急医療情報キットを導入することにしました。メモ書きの所に、肺炎など呼吸器内科系の病気が疑われる場合は、呼吸器内科がある方の病院へ搬送してくださいと記入。

まぁ、このキットを使うことが無いのが一番ですが、備えですね。もし、一人暮らしをされていたり、病気や障害、持病のあるご家族がいる場合は救急医療情報キットを導入してみることをおすすめします!

今日のおまけ

救急搬送された場合、どこの病院に運ばれるかで色々と運命が変わってきますよね。

私自身は、今まで一度だけ救急車で運ばれたことがありますが、その時は入院することなく帰宅できたので良かったのですが…。

主人は以前、休日の夜に虫垂炎で救急車で運ばれたことがあります。なかなか受け入れ先が見つからず、隣の市にあるすんごく古くて、明らかに設備とかも最新じゃない感じの病院に連れていかれ、そのまま手術して、1週間入院することになりました。しかも、虫垂炎って最近では腹腔鏡手術の場合が多いらしいんですが、そこの病院では、開腹手術一択でした。なんだかなぁーって思っちゃいます。

とにかく、病気やケガには気をつけて、なるべく救急搬送されたくないものですね。

それでは、また!

定期巡回・随時対応型訪問介護看護というサービス

f:id:sun_kai5:20200207180938j:plain

こんにちは、sunです。 

神経難病を患っている一人暮らしの母が少しでも快適に暮らせるよう、色々と支援しています。今日は「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」について。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは

先週、新聞である記事を読みました。東京都の自営業の50代後半の女性の方が乳がんの治療中にお父様が脳梗塞で倒れてしまい、お母様は認知症。自分の病気の治療と親の介護が重なってしまったときの経験について。色々と参考になりました。

記事の中で、訪問介護ではなく、定額制で短時間のケアを日に複数回利用できる介護保険サービスのことが書いてありました。

ネットで調べてみたら、要介護1~5の方が安心して自宅での生活を続けていただくためサービスで、2012年に始まったらしいです。日中・夜間を通じてサービスを受けられ、日常生活上のお世話(入浴、排泄、食事など)をしてくれたり、必要に応じてヘルパーさんや訪問看護師が駆けつけてくれたりするらしいです。こんなサービスがあること全然知りませんでした。

現在の母の状態

現在母は要介護2、身体障害3級ですが、自宅内であればそれなりに生活できています。

  • 毎週2回ヘルパーさんが来て、主にお掃除をしてくれて
  • 毎週1回訪問リハビリの先生が来て、主にマッサージとかしてくれて
  • 毎月1回訪問看護師さんが来て、爪切りをしてくれたりします

今後はもう少しヘルパーさんをお願いする日を増やしたり、病状が悪化した際には、この定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービスとかも検討した方がいいのかもしれないですね。

今日のおまけ

そういえば、2年前までは母は要支援2でした。その頃は年に3、4回しか帰省していなく、帰省すると母はいつも元気そうだったので病気がそんなに進行していないものだと思い込んでいました。

後から知ったのですが、母的には難病(脊髄小脳変性症)やリウマチによって色んなことができなくなってきていることをあまり知られたくない、恥ずかしいという思いで無理していたらしいのですが。。

その後、母が肺炎で倒れ長期入院したことがきっかけで、退院後は数ヶ月に一緒に暮らしていました。その時はじめて「母はこんなにも身体が不自由になってきていて、不便な生活を送っているのか!」とびっくりしました。それから色々とITなどを使いながら支援することになりました。

その頃は介護保険のしくみとかも介護関連のことも何もわかっていませんでした。母の入院中に図書館でいろんな本を読み漁ったのを覚えています。やっぱりこういうことって実際に起こってみないとわからないことだなぁって。とりあえず、今後も色々と勉強しながら支援していくつもりです。

それでは、また!

Amazon Echo 「定型アクション」のいろんな使い方

f:id:sun_kai5:20200207180824j:plain

こんにちは。sunです。

先日、一人暮らし&難病の母の自宅にスマートスピーカーを導入した記事を書きました。

実は、私の自宅にも Amazon Echo Dot を導入しています。今日は、超便利な「定型アクション」についてです。

「定型アクション」とは 

定型アクションというのは、あらかじめ決めたフレーズ(例えば、「アレクサ、おはよう」など)や時間を指定した上で、いろんなこと(一連の操作)をまとめて実行してくれるものです。

いちいち「アレクサ、ニュース」とか「アレクサ、天気予報教えて」とか言わなくていいのが便利です。色々と工夫するといろんな使い方があります!

朝使う定型アクション

例えば私の場合、朝起きて、シャワー浴びた後、メイクしたり支度しているときに「アレクサ、おはよう」と言うと、

1.今日の日付

2.その日の話題(「今日は何の日」的なプチ情報を教えてくれる)

3.今日の予定Google Calendarとリンクさせてます)

4.今日の天気予報

5.フラッシュニュース(日経電子版とYahoo!ニュースを設定済み)

6.Yahoo!路線の遅延情報

などを順番に教えてくれるよう設定しています。

f:id:sun_kai5:20200207180750p:plain

昼間に使う定型アクション

私は在宅で仕事をしています。スマホのアラームを使って、なるべく25分もしくは50分起きにPCから離れて身体を動かしたりするようにしています。でも、スマホだけだとついついアラームを止めてそのまま仕事をし続けてしまって、あっという間に数時間経っていた、なんてことがあります。

そこで、定型アクションを設定しました。仕事をはじめる前に「アレクサ、今から仕事します」と言うと、

  • 50分後に「sunさん、休憩してください」と言ってくれて
  • その後、2分後に「Fysta」というお家で簡単にストレッチなどができるスキルが実行され、ストレッチするための音声が流れはじめる

声で強制的に休憩を取らせるという(笑)。でも、結構いい感じなんですよ。

他にも、「アレクサ、今からランチ休憩」と言うと、

  • お昼のニュースを流してくれて
  • 45分後に、「sunさん、そろそろ休憩時間終了です」と言ってくれる

ように設定してあり、ダラダラTV見ちゃったりするのを防いでいます。

まだまだ使いこなせてないですが、色々と工夫すれば、他にもいろんな使い方がありそうです!

今日のおまけ

Amazon Alexa を使いはじめる前は「スマートスピーカーなんて全然使い道ないし、いらないなぁ」って思ってました。でも、母の自宅への導入を機に、我が家にも導入して実際使いはじめると色々と便利だなって思いました。

今日紹介したように、支度中にいろんなこと教えてくれたり、何気に Kindle に入っている本を読み上げてくれる機能とかも便利です。

欲を言えば、私は Google プロダクトのヘビーユーザーだから、例えば Google Keep とかと簡単に連携できたりできたら、買いたいもの、やりたいこと、ちょっとしたメモなどいろんなことを声でメモしておけていいなって思ったり。。。(今は、Alexa アプリのリストと Todoist という to do アプリを連携させて使ってます)

他にも、いろんな IoT家電を導入して、テレビのON/OFFを声でできたらいいなぁ、とか、どんどん欲が出てきます(笑)。

それでは、また!

要介護2の母、スマートスピーカーの使い道あれこれ

f:id:sun_kai5:20200207180901j:plain

こんにちは。sunです。

私には一人暮らし&難病を患っていて身体がやや不自由な母がいます。ITの力を使って少しでも快適な生活が送れるよう支援中です。先日の記事で、の自宅にスマートスピーカーを2つ導入したことを書きました。今日はそのスマートスピーカーの使い道についてです。

寝室用スマートスピーカー

母の寝室には、Echo Flex (エコーフレックス) というコンセントに直接差し込むタイプのものを設置しました。スピーカーの精度はやや低めではあるものの、音楽を聴くとかでなければ十分で、小型でコードが無いのが良いです。

 

Echo Flex 現在の使い道

万が一母の体調が悪く、ベッドから起き上がるときに以下のことができるようにと思い、設置しました。

  1. 声で私のAmazon Echo(&Amazon Alexa アプリ)に連絡
  2. 声で私や妹へLINEの定型メッセージを送信
  3. 声で玄関の鍵の開閉

1番目の Amazon Echo 同士の通話はとても便利です。Amazon Alexa アプリにも連絡が入るので外出中でも対応可能。

2番目のLINEへのメッセージ送信は、IFTTT(イフト)という連携サービスを使う必要があり、慣れてない人にとっては設定がやや複雑で大変かもしれません。定型文を決めてLINEにメッセージが送信されるよう設定しました。

3番目は母の自宅の スマートロック "セサミ" と連携させています。

Echo Flex 今後の使い道案

この Echo Flex は モーションセンサー や ナイトライト を取り付けて使うこともできます。

   

今後は、例えばモーションセンサーを使って「朝の7時〜9時の間に横を通ったら、私にメッセージが届く」ように設定して、安否確認したりすることもできるのかも。

あとは別商品ですが、スイッチボット という家中のボタンやスイッチをオンオフできるように設定できるデバイスと連携させて、ベッドに入ってから電気を消すようにできるとか、声で電気のオンオフをしたりできるようになったり。可能性は無限大です。

 

リビング / ダイニング用スマートスピーカー

 母のリビング・ダイニングには、Echo Dot (エコードット) を導入しました。

母は一日の大半をダイニングテーブルのところに座って過ごしています。難病(脊髄小脳変性症)のせいで眼振があるので、新聞や雑誌、本などもあまり読めなくなってしまいました。テレビもずっと見ていると疲れるとのこと。

ということで、こちらのスマートスピーカーでは、

  • ニュースや天気を聞いたり
  • スキルというアプリみたいなもので拡張し、脳トレやしりとりをしたり
  • スマートロック "セサミ" と連携させて、玄関に行かずとも鍵の開閉をしたり

他にも、買い物リストとして使ったり、タイマーやアラームとして使ったり。これからも、色々と試してもらう予定です。

今日のおまけ

そういえば先日、母の手が変形してしまっていて、ハサミがうまく使えないという記事を書きました。その後、訪問リハビリの先生に相談してみたらしく、今度「みんなのはさみ mimi」を試せることになったらしいです!試してうまく使えそうだったら買おうと思います。それでは、また!

 

要介護2の母の自宅へスマートスピーカーを導入

f:id:sun_kai5:20200205193636j:plain

こんにちは。sunです。

以前の記事で、 一人暮らし&難病を患っている母の自宅にスマートロックを導入したことを書きました。実はその直前にスマートスピーカーも購入していました。今日はそのスマートスピーカーについてです。

スマートスピーカー導入前の問題

脊髄小脳変性症という難病&リウマチを患っている母は3LDKのマンションで一人暮らしをしています。今まで何度か自宅内で転んでしまうという事件が。ちょっと時間が経てば自力で起き上がることができることもあれば、数時間倒れたままだったこともあります。

そんな時誰かに電話して助けを求められればいいのですが、そんな時に限ってスマホを持ち歩いていない

自宅にずっといることもあり、母くらいの世代(60代)だとなかなか常にスマホを持ち歩くということが難しいみたいです(もっと若い人だとお手洗いに行く時でも、どんな時でも基本肌身離さずの人が多いと思いますが…)

実は首から下げられるようにネックストラップもつけているものの、つけたりはずしたりする作業も大変だったり、重いみたいで、なかなかうまくいきません。

スマートスピーカーを検討

そこで、スマートスピーカーを導入することにしました。でも、種類がいろいろあるので、悩みました。Amazon EchoGoogle Home、LINE Clova を検討したのですが、最終的には Amazon Echo にしました

決め手となったのは、Amazonスマートスピーカー同士であれば通話ができるという点Google のものはまだ日本では通話機能は無いらしく、LINE のスマートスピーカーはLINE 通話とかLINEの送信はできるけど、他の機能が若干微妙かなと感じました。

実際に購入したスマートスピーカー

今回、母の自宅には2つスマートスピーカーを導入しました。

1つ目:Echo Flex @ 寝室

寝室には、Echo Flex (エコーフレックス) というコンセントに直接差し込むタイプのものを設置しました。こんな感じです。

 

2つ目:Echo Dot @ リビング/ダイニング

母が1日の大半の時間を過ごす場所でもあるリビングというかダイニングルームには、Echo Dot (エコードット) を導入しました。実は同じタイプを私の自宅用にも買いました。これで通話が可能です。

 

実は、Echo Show 5 (エコーショー5) という画面つきのスマートスピーカーもいいかもって思ったのですが、とりあえず今回はDotにしました。

スマートスピーカーを導入したことで、できるようになったことなどについてはまた別の記事で書きたいと思いますので、ご興味ありましたら、是非またブログ見に来てください。

今日のおまけ

実は、今年は「逆算手帳」という、「こうありたい」「こんな風になりたい」っていうのを実現するために、ビジョンから逆算して計画を立てる手帳を使ってます

薄っぺらな手帳の割に、税込で4,125円と高いのですが、記入していくとものすごくテンションが上がります

中でも、Life Vision というページが大好き!実現可能かどうかは気にせずに、ワクワクするような未来について書くページで、写真とかシール貼ったりしてます。ちょっと恥ずかしいので文字の部分はボカしてますが…。こんな感じ!このページを毎日眺めるだけでも1日頑張ろうって気になります!

f:id:sun_kai5:20200205200050j:plain

Instagramとかでも検索するといろんな人のLife Vision ページが見られたりして楽しいですよ。

Amazon ではすごく高額な価格で出品されているようですが、公式ページでは定価で購入できるようです。それでは、また!

手の変形でハサミがうまく使えない

f:id:sun_kai5:20200131203049j:plain

こんにちは。sunです。

一人暮らしの母は、難病(脊髄小脳変性症)とリウマチを患っています。最近リウマチのせい?で手が変形してきてしまっていて、うまくハサミが使えず困っています。今日はハサミについてです。

うまくできないことが沢山

母は病気になってから、うまくできなくなってしまったことがたくさんあります。例えば、製品のパッケージを開けるとか。両手で横に引っ張って開けるタイプは基本的に開けられません。ベーコンやハムなどの剥がすタイプも厳しい。袋麺とかについているかやくとかの縦に開けるタイプもうまく開けられない。と、とにかく不便。

手の変形でハサミが…

でも、ハサミを使うことで、それなりになんとかなっていました。でも、最近手が変形してきてしまって…。普通のハサミはうまく使えなくなってきてしまったそうで。。

先日も母と電話で話したら、ちょっと指切っちゃったんだよね、なんて笑って言ってたけど、、めっちゃ痛いじゃんか!早くなんとかしなきゃと思いました。

みんなのハサミ mimi

ネットで色々と調べていたら「みんなのはさみ mimi」というものを見つけました。高齢者・障がい者向けのハサミらしいです。上から押さえても、手にかけても、普通のはさみみたいにして使うこともできるのだとか。手の力の弱い人でもOK。

▼こんな形です

とても興味あるのですが、値段が3,000円と高い!買う前に試せたらいいのにって思います。どなたか実際に利用されている方がいたら、使い心地を教えていただきたいです。

ちなみに、違うメーカーでこういうカスタネットみたいなハサミも見つけました。 「長谷川刃物 Casta

介護グッズとかの使い心地とかについてまとめてあるサイトとかあれば嬉しいのになぁって最近ちょっと思ったり。とりあえず、購入したものとかは随時このブログにコメント載せていく予定です。

今日のおまけ

あっという間に1月が終わってしまいましたね…。ちなみに、1月31日は「愛妻家の日」らしいです。日本愛妻家協会が制定らしいんですが、そんな協会があったとは!世の中いろんな協会があるもんですね。

それでは、また!

体が不自由な母の自宅にスマートロックを導入して良かったこと

f:id:sun_kai5:20200129203445j:plain

こんにちは。sunです。

こちらの記事「 遠距離介護時の「玄関の鍵問題」」でも書いたように、一人暮らし&難病を患っている母の自宅にスマートロック「セサミ mini 」を導入しました。今日はそのスマートロックをについてです。

 スマートロック導入前の「2つの問題」

母は3LDKのマンションで一人暮らしをしているんですが、、脊髄小脳変性症という難病によって、歩くときにふらつくので、5年くらい前に家の廊下やトイレなどに手すりをつけてもらい、自宅内ではなんとか手すりや壁を使いながら伝い歩きして暮らしています。

以前から問題となっていたことが2つあります。それは、、

  • 母がわざわざ玄関まで鍵を開けに行くのが大変
  • 緊急時に玄関の鍵が閉まっていた場合、自宅内に入れない

今回スマートロックを導入することである程度解決できました。

声で鍵の開閉が可能に 

母は玄関まで歩くことはできるけど、歩くスピードが遅いので時間がかかるし、リウマチもあるので膝とか痛い時も多く、辛いとのことでした。

そこで、今回は、スマートロックの導入と一緒に、スマートスピーカーも導入し、連動させました

「アレクサ、玄関の鍵を開けて」や「アレクサ、玄関の鍵を閉めて」という風に母が声だけで、玄関の鍵の開閉ができるように!わざわざ玄関までいかないで済むようになったことで、母の体への負担も少しはラクになったかと。

あと、リビングとかにいながら玄関が閉まっているかどうか確認できたり、スマートスピーカーの定型アクションというものを利用して、毎日夕方になると自動で鍵が閉まるように設定しました。

遠隔で鍵の開閉も可能に

以前の記事でも書いたように、何度か倒れて起き上がれない状態になったことがあります。たまたま玄関の鍵が開いていたから良かったものの、閉まっていたら大変なことになっていたかもしれません。

そこで、今回購入した「セサミ mini 」のアプリを私と母のスマホ両方に入れたことで、私が都内の自宅にいながら、遠隔でも母の自宅の玄関の鍵の開閉もできるようになりました!

これで例えば、ヘルパーさんが来た時に玄関のドアが閉まっていて、母の反応もなく中に入れないという事態が発生しても、私の方に連絡が入ればすぐに遠隔で操作できるということ。まぁ、できればそんなことにならないのが一番良いですが、万が一の時のために、、という感じです。

マンションなので、どうしても建物のエントランスのオートロックは解錠できないという問題は残るんですが、、、。まぁ、緊急時の場合は管理人さんがいれば開けてもらえるし、管理人さん不在の場合でもきっとなんとかなるだろうということで一旦保留にしています。

導入したスマートロック

今回導入したのは、「セサミ mini 」です。ご興味ありましたら是非HPを見てみてください。 → セサミ スマートロック | CANDY HOUSE JAPAN

とてもサポートのサービスが良く、丁寧に対応してくれます。

実は、玄関の鍵のところがちょっと小さく、アダプターが必要だったのですが、玄関の鍵の写真を撮ってメールで送ったら、数日以内にアダプターを作って郵送してくれました。しかも、無料で!対応の速さと丁寧さにはホントにびっくりです。ありがたい!

今日のおまけ

昨年から、蔵前にある「カキモリ」でオリジナルノートを作って使ってます。

表紙や裏表紙、中紙、リングの色、留め具など自分で選んで組み合わせるんですが、種類が豊富なので、選ぶのに色々迷っちゃいます。中紙は交換も可能なので、長く同じノートが使えます。

製本されて出来上がった自分だけのオリジナルノートは、少し高いですが(3,000円くらいだったかな?)、使っているとテンションは上がるし、愛着が湧いてきます!

それでは、また!